三田・篠山を中心とした六甲山以北地域のサイクリングマップ委員会さんが見た、第1回ひなたサイロゲ その2 下見ライド-1

2018年12月12日

--------------------------------------------
以下は、第1回ひなたサイクルロゲイニングに参加された、三田・篠山を中心とした六甲山以北地域のサイクリングマップ委員会の関係者の方のお許しを得て、フェイスブックからの投稿を転載させていただきます。
--------------------------------------------
【宮崎市下見ライド1日目】(長文です)

うり坊、まさかの神戸出港直前の道迷いで1日1便の船に乗り遅れ寸前事故で同行者を著しく疲労させた余韻も消えやらぬ中、宮崎港に到着・・。

出迎えに来てくださったチームひなたの濱田さんとうり坊はうり坊のカフェ巡りライドへ。私は明後日のロゲイニング対策のために宮崎市をまんべんなく回るライドへとそれぞれ旅立ちました。



下見ライド1日目の主目的は、宮崎市内の山岳コースの下見!!

宮崎市南部に【鰐塚山(標高1118m)】という山があり、山頂は幾多の電波塔が立ち並び、舗装化された管理道があって、一般者も立ち入り可能という素晴らしいヒルクライムコースがあります。

サイクルロゲイニング設計者の観点からすると、この山頂は必ずCP(チェックポイント)になっているであろうとの予測からも、ただのヒルクライム好きとしても必ず登ってみたい山でした。

宮崎市街地から、市街の南と西部を流れる大淀川を渡り、東部の海岸沿いを走るバイパス(国道220号)を走り宮崎市を南下していきます。

バイパスには南国の雰囲気を醸す椰子の木(ワシントニアパーム)の並木。遠くこれから向かう山並みが青い空の下にきらめいて見えます。

南国宮崎を走ってるぅ⤴⤴とひとりテンションも上がりまくり。

途中、宮崎空港の敷地内にある宮崎特攻基地慰霊碑に立ち寄りつつ、宮崎市を南下。一路山岳地域へ。

ロゲイニング対策で、ポイント間での走行所要時間を測るためにタイムトライアル的な走りを繰り返してもいるので、下見ライドの割にかなりのトレーニング感。

山岳コース、第1弾は【椿山ヒルクライム】。速いクライマーで15分ほど、一般クライマーでも20分あたりで登り終える事ができ、勾配もほどほど、眺望も良いので宮崎のロード乗りがタイムトライアルに挑戦する名物コースだとか。

たしかに緩やかな勾配の綺麗な道路を軽やかに登っていくと、やがて眺望が開け、重畳とした山並みの風景が広がります。その山並みの奥に電波塔が林立する鰐塚山の山頂が覗くのですが、「あんなところまで登るの~~」とい慄きが走る。

椿山峠から、2分ほど坂を登れば椿山の山頂麓の休憩所があって、自転車はここまで。日曜日のサイクルロゲイニングのCPにもなっていた椿の花の壁画を写真撮影をしつつちょっと一息。

椿山峠からは更に南下して日南市側に下り、大戸野越という峠を登り返さないといけないというキツ~イコース設定。そう厳しい勾配ではないんだけど、なんせ登りが長いんでヘロってきた脚には堪えますねぇ。

大戸野越を境に宮崎市に入り、長い距離の下りを滑空するように走って道の駅田野に到着!!そういえば何も食べてなくてお腹空いた!!慌てて菓子パン2個をお腹に入れて、道の駅にいたミニチュアホース?と戯れて、いよいよ鰐塚山ヒルクライムに突入。。予想到着時間は1時間後。。

トンネルを越えて山中に入ると道も狭く、路面もあまり良くはなく木々の中を走るので眺望もなく、ひたすら登る登る登る。。しかも勾配も激坂ではないけどなかなかハード。ひたすら登る登る登る。東六甲山ヒルクライムコースよりも勾配がキツイ距離が長いです。

山頂付近に近づいてくるとようやく眺望が開けてきて山頂の電波塔群が視界に入ってくる。「もう少しだぁ~」と完全にヘロヘロ。

山頂は電波塔基地になっていて、出入り自由な感じ。眺望の良さそうな場所を見つけてしばらく宮崎市街地を眺めていました。

神戸や西宮の市街地を見下ろす六甲山上よりも高度感があってうっすら地球の丸みも感じ取れるくらい。これは凄い!と疲れも寒さも忘れて感動。登ってきた甲斐があった。

山頂のトイレも何故か壁画仕様。「鰐塚」の名前の由来は神話、海幸彦と山幸彦の物語に登場する鰐(フカ、サメのこと)のお墓(塚)のこと。壁画はにっこり笑顔の山幸彦と鰐ということでしょうか。

・・雄大な山頂からの眺望を堪能していると体がすごく冷えてきました。なんでもここは地上と比べて10度は気温が低いのだとか。「登り終えた後は体が温まっているので気づかないけど、長く山頂に留まると体が冷えて大変なので、登ったらさっと下りないといけない」と、その日の晩に濱田さんに教えて貰った。その通りで、下山して麓のコンビニで休憩しましたが寒くて仕方ありませんでした。

今日の目的も果たしたので、あとは晩の懇親会のために一路宮崎市街までバイパスをぶっ飛ばして、途中、清武の大クスという巨木を拝み、夕暮れの大淀川を眺めながら宿に帰着。

休む間もなく、宮崎市街の繁華街に繰り出すためランニングで濱田さんと待ち合わせの宮崎県庁へ。県庁舎は1932年に建設されたという立派な近代建築物。巨大なフェニックスとともにライトアップされていました。

濱田さんと合流後は、宮崎市の繁華街、西橘通り、通称ニシタチで美味しい宮崎の焼酎の味をしっかりと教えて頂きました。

そんなこんなで宮崎での1日目の夜は更けていく・・・。

https://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch…  


 

三田・篠山を中心とした六甲山以北地域のサイクリングマップ委員会さんが見た、第1回ひなたサイロゲ その1 準備編

2018年12月11日

以下は、第1回ひなたサイクルロゲイニングに参加された、三田・篠山を中心とした六甲山以北地域のサイクリングマップ委員会の関係者の方のお許しを得て、フェイスブックからの投稿を転載させていただきます。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

宮崎入りするまでのお話。

サイクルロゲイニングの向き合い方は人それぞれ。

色々なチェックポイントを巡って、その土地の名物や食べ物、地元の人との会話を楽しむ、という向き合い方もあれば、とにかく高得点を狙う走りに徹底する、もしくは自分の狙ったテーマに沿って突き進む、などなど、あると思います。

私自身はサイクルロゲイニングは「競技」として捉えている側面が強いので、定められた得点ルールに添って、高得点となるように走りたい思いが強く、今回の宮崎のサイクルロゲイニングにあたってもそのように準備して、当日を迎えました。

●私自身のサイクルロゲイニングでの経験は、参加者としては、去年の秋に猪名川町でのサイクルロゲイニングに参加して以来となる2回目です。

●主催者としては2回、スタッフとしては2回、サイクルロゲイニングと関わっており、その経験を引っ提げて今回の宮崎に挑みました。

●これまでの経験から得たこと。高い得点を狙うためには①事前にロゲイニングの舞台となる土地のリサーチが必須であること ②その土地を想定した装備が必須であること、を学びました。

●土地の事前リサーチについて①
市販の宮崎市MAP(1枚もの)を購入し、コピーして切り貼りして繋ぎ合わせた書き込み用のMAPを2種類作成しました。「宮崎市街地メインのMAP」と「宮崎市域全体のMAP」です。

●土地の事前リサーチについて②
ネットで宮崎の観光名所旧跡を調べ、自家製MAPに記入する。おすすめサイクリングコース、ヒルクライムコースをチェックする。主要国道や県道をチェックするなどの確認作業を行います。

●土地の事前リサーチについて③
ルートラボを使い、ポイントとなる場所から場所への距離や起伏の状態を調べ、時速〇km/hで走った場合の予想時間を自家製MAPに書き込んでいく。

●土地の事前リサーチについて④
実際に現地入りした時に調べる道をチェックしておく(MAP上にはあっても実際に走れるのか怪しい道を確認する)

●自転車の装備について
私の所有する自転車の中で最も速く走れるカーボン車(TREK madone 6)を選びました。

●普段のペダルはロード用(SPD‐SL)ですが、サイクルロゲイニングにあたり、歩きやすいSPDシューズを履くためにペダルもSPDペダルに交換です。サイクルロゲイニングは自転車から下りて歩く(もしくは走る)場面は意外と多いです。今回は九州で初めてのサイクルロゲイニング開催とあって、他の参加者のシューズを見るとカチカチのロード用シューズを履かれている方が多かったです。

●宮崎の地勢を見ると海岸沿いや川沿いなど平坦路が多いので50㎜ハイトのディープホイール(重量1500g台なのでヒルクライムも大丈夫)を履かせました。

●ロゲイニングといえば、MAPボード。必要不可欠な装備です。アクリル板とキャットアイライトのアタッチメントを使って自作した物です。ロゲイニング中も走りながらMAPを見ることが出来る優れものです。耐久性、保持力もバッチリで、今回のロゲイニングでもノートラブルでした。

●その他、装備するガーミンは4種類。走行中にだいたいの現在地が分かるように常にMAP画面を映すEdge 800J、走行スピードを知るためのEdge 25、詳細な現在地を知るためにガーミンGPSMAP64s、補助にForeAthlete25J、+スマホですね。これらの装備はやや過剰の感ありですが、電子機器はトラブルが起こりやすいので保険の意味で持っていきます。

●トライバックをトップチューブに装備して中にモバイルバッテリーで電池消耗の大きいEdge 800を常に給電したり、トライバックの中に補給食やお金を入れてすぐに取り出せるようにします。マジックテープの端がレーパンに擦れて地味にレーパンを傷つけるので養生テープでトライバッグを固定しつつマジックテープを覆います笑。

●背負うリュックにも工夫がいっぱい。左肩ベルトにガーミンGPSMAP64sを入れておく手作り革製のガーミンホルダー。右肩ベルトにチェックポイント一覧表や書き込みのための蛍光ペンを入れておくホルダーバッグ。そして、首紐でぶら下げるデジカメを固定するために胸の中央にホルダーバッグ、と3種のホルダーバッグを備え付けてあります。夏場であればハイドレーションも有効でしょう。

●自転車のツールバッグの中には特に変わったものはありません。通常のツーリングで使用するようなものが入っていますね。

以上が現在のところ、サイクルロゲイニングに取り掛かる準備で私の出来うる最大限のところです。次は宮崎、下見ライド編です。お楽しみに!  


 

「第1回ひなたサイクルロゲイニングin宮崎」開催されました。その3

2018年12月10日





第1回ひなたサイクルロゲイニングin宮崎にご協賛いただいた団体 店舗さまです。

店舗名協賛品

日野サイクルさま   「超軽量軽快折り畳み自転車」

よしみカメラ さま    スマホ用リモコンシャッターとスマホスタンド

ヤーボーさま     「各種自転車グッズ多数」

ブルソ・ボナールさま  パン詰め合わせ

車楽屋輪店さま    「高性能チェーンオイルとフレームワックス」

MLTスポーツさま     「非売品レアものボトル」

サイカ屋さま     ロードバイクスタンド、アクエリアス

以上 7店舗さま

ご協賛ありがとうございました。


  


 

「第1回ひなたサイクルロゲイニングin宮崎」開催されました。その2

2018年12月10日



「スタートした選手のみなさん方は、CPにたどり着いたらCP一覧に載せられた写真と実際の対象物を見比べ、たどり着いた証拠として同じ写真を撮影していきます。」

こんな感じ






高ポイントを求めて、某山上にも



「CPのお店では、行っただけでなく、商品やサービスを購入すると、追加ポイントも。」は完全に間違えているので「CP以外にもGP(グルメポイント)も設定されていて、そのお店で美味しいものを食べることでポイントを獲得できます。



「得点獲得以外にフォトコンテストも並行して行われているので、ポイントによってはポーズを決めた写真で賞を狙います。







そして、最優秀フォトジェニックな画像はこれw


そして、栄えある第1回総合ウィナーの方は、トリプルチームから生まれました。



前前日から、宮崎入りして 綿密で用意周到な準備をされた県外からの参加者さんはソロの部の優勝でした。



こうして、第1回のひなたサイクルロゲイニングが無事終了しました。

初めて経験するイベントでしたが、サイクリングコンテンツとして、いろいろな面で今後成長していく可能性を持っていることを強く感じました。今後の県内他地域での開催も視野にいれ、課題を克服しつつ、内容に磨きをかけていきたいと思います。

催行にあたりましては、後援 協力いただいた 宮崎県さま 宮崎市さまはじめ、豪華な賞品をご提供いただいた 団体 店舗さまには、厚く御礼申し上げます。

また、実行委員会内で中心的に活動していただいた、県庁自主研究グループ(「Cycle of HINATA」)のみなさまには、本当にお世話になりました。 

ありがとうございました。

協賛いただいた団体 店舗さま ありがとうございました。 → 



  


 

「第1回ひなたサイクルロゲイニングin宮崎」開催されました。その1

2018年12月10日

11月三連休の最終日 2018年11月25日 「第1回ひなたサイクルロゲイニングin宮崎」が開催されました。

 近年 従来型のサイクリングイベントから一歩進んだ、新しいコンテンツとして、日本各地で開催されるようになってきたこの競技、今回 宮崎初開催(ひょっとしたら九州初開催かもw)されました。

 以前からあったオリエンテーリング方式(何十年前かに本会も実施してました)を踏襲しつつも、それに写真や画像撮影を組み入れ、SNSに投稿もしながら、ゲーム性とストーリー性を加味して、より楽しめるように工夫を凝らしたものです。




 このサイクルロゲイニング開催を計画するにあたり、兵庫県で自転車活用を取り組んでいらっしゃる、「三田・篠山を中心とした六甲山以北地域のサイクリングマップ委員会」さま
 のイベント(サイクルロゲイニング)に要員を派遣し、調査へのご協力と様々なご教示をいただく中で実現にこぎつけたものです。

 開催当日は、天候に恵まれ、参加者さんたち(ソロ ペア トリプル クワッド)は、宮崎地区交流センターに集合。ルール説明と注意事項の参加者向け ミーティングが行われました。










150か所を超えるCP(チェックポイント)を示した案内図


どう読むか どう巡るかがカギとなります。




「配付された宮崎市全域の地図に示されたCP(チェックポイント)を思い思いの戦略のもと、CPハンティングへとスタートしていきました。

つづく 


  


 

野島神楽を見に行こう。

2018年11月22日

宮崎市内海の野島神社さん。


自転車お守りのある神社です。

ここで明日23日神楽が見られます。

秋の一日を郷土芸能で。お出かけはもちろん自転車で。  
タグ :神社旅


Posted by ミヤサイ at 18:55 | Comments(0) | お知らせ | 歴史 | 自転車神社旅

 

ひなたサイクルロゲイニング 基本ルール公開

2018年11月22日

ひなたサイクルロゲイニング事務局です。

ひなたサイクルロゲイニングはいよいよ今度の日曜日ということで基本ルールを公開します。


 得点ルールは当日9時から行うオリエンテーションで説明します。
遅刻すると大事な説明を聞き逃して不利な展開になりますのでご注意くださいませ!

1 ゲーム開始前に配付する地図(6枚)にチェックポイント(以下「CP」という。)が記載されています。
 CPにはアルファベットと数字を組み合わせたコードが付されています。コードは地図のエリアを示し、数字は得点を表しています。
 CPの配置を読み解きながら、狙ったCPを巡り、高い得点を獲てください。
 CPを回る順番は自由ですが、チームでエントリーしている方は常にチームメイト共に行動してください。(※単独行動は禁止)
 また、チーム以外の他の参加者と協力してCPを探したり、情報を共有しあうような行為も禁止します。

2 移動手段は自転車のみとしますが、自転車を担いだり、押して歩くことは可能です。
 電動アシスト車の場合はハンディキャップとして得点から200点減点します。

3 ほとんどのCPは舗装道路に接道していますが、いくつかのCPは未舗装路走行や階段の担ぎ歩きを余儀なくさせられる場合があります。(未舗装路の難易度は高くないため一般の方でも乗車走行可能です。)

4 スマートフォンでの地図検索やナビゲーションなど補助用具は使用可能です。

5 CPの通過証明は、ゴール後に再生することで審査員が目視確認できるデジタルカメラ(スマートフォンも可)での写真撮影になります。
 ソロ、チームを問わず一台の機器を連続して使用し、CP一覧に記載の対象物を間違えないよう撮影してください。(※間違った対象物を撮影していた場合は得点から除外します。)

6 対象物を撮影する際は次の点を守ってください。
① ソロの場合、CP一覧記載の写真通り、自己の自転車と対象物を一緒に撮影すること。
② チームでの参加者は、【対象物】と撮影者以外のメンバー全員の顔が一緒に写るように撮影してください。(※規定通り撮影されていない場合は得点から除外します。)

7 制限時間の15時40分までにゴール地点まで戻り、備え付けの時計と一緒に撮影した時点でゴールとなります。
 チームの場合、メンバー全員が揃っていることが前提です。
 制限時間以内に戻ってこられない場合、100点のペナルティが課せられ、その後10分経過ごとに100点ずつ課せられます。
 なお、制限時間30分を越えて帰着出来ない場合、失格となります。
 また、制限時間より前にゴールした場合は制限時間までの残り時間が加点されます。(1分あたり2点とし、15時以降からゴール可能です。)

8 フォトコンテスト
 競技中に見つけた絶景や仲間とのスナップなどを、フェイスブックの「ひなたサイクリング」の「ひなたサイクルロゲイニング」スレッドへアップすることで、それぞれの部門別に優秀な作品を表彰します。



以上  


 

日台友好親善タンデムサイクリング開催

2018年11月04日

今般 以下のイベントの開催を予定しております。



 尚、このイベントには、今月からタンデム自転車解禁された鹿児島県から、解禁に大いにご尽力された視覚障碍者さんも参加されます。

 こししたイベントを通じて、将来的には、障碍者と健常者が一体となった、本格的なサイクリングイベントを本県はもとより、広く九州一円で開催していければと思っております。

つきましては、こうした趣旨をご理解の上、よろしくご協力のほどお願いいたします。

-----------------------------------------

日台友好親善タンデムサイクリングのお知らせ



今般 宮崎県サイクリング協会では、NPO法人 サイクルボランティアジャパンさまと台湾の視覚障碍者団体 展翼合唱団視障天使協力隊(台湾)さまとのサイクリングイベントを開催する運びとなりました。

この機会をサイクリングを通じた、国際的な視覚障碍者との交流の場として、県民のみなさまにも、ご一緒にサイクリングにご参加いただければ幸いです。

全行程だけでなく、部分参加も可です。

自転車のない方には、レンタサイクルをご用意したいと思います。

期日 2018/11/17~20(サイクリング実施は 11/18~20)

開催地 西都市 宮崎市 綾町

サイクリングのみの参加費は無料です。

詳細は以下 リンクをご参照ください。

https://goo.gl/KFfngB

お問い合わせは、

宮崎県サイクリング協会 事務局 岩切まで

090-2451-6895

miya.cycling@gmail.com  

 

■第1回 ひなたサイクルロゲイニング in 宮崎 エントリー開始です。

2018年10月02日

■第1回 ひなたサイクルロゲイニング in 宮崎



スポーツナビさまにて、エントリー開始しました。

https://dosports.yahoo-net.jp/events/77266

尚、エントリーに関するお問い合わせは、こちらまで
http://m.miyazaki-cycling.webnode.jp/%E7%A7%81%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6/
  

 

サイクルロゲイニング開催に向けて

2018年10月01日

 『第1回ひなたサイクルロゲイニングin 宮崎』とは、自転車を使った一種のオリエンテーリングイベントです。本会では数十年前にサイクルオリエンテーリングとして、開催していましたが、それを復活させて、そこに現代にマッチした新しい手法を取り入れて、より楽しめるものとして、これまで検討してまいりました。



 このイベントは、新しい形態のサイクルイベントとして、昨今 日本各地でも行われるようになってきました。

 通常のサイクルイベントのように、主催者やスタッフへの過大な負担が少なく、日常的なライフスタイルに近い形で開催される形態ですので、新たな出会いや交流機会、その地域への関心等を通じて、より理解が深まることとと思います。それにあいまって、SNS等を通じて、新たな情報発信の場になるというメリットも生まれるかと思います。

 イベント方式は、当日に配布されるロゲイニングMAPを参照しながら、宮崎市全域に設定されたチェックポイントを参加者さんの自由なコース設定で回遊しながら、得点を稼ぎ、高得点を得た参加者が入賞となるサイクリングイベントです。

 このイベントは、自転車経験の有無、脚力の強弱や方向音痴さんw・・等々のみなさまに、まんべんなく、楽しんでいただけるように、趣向を凝らしたサプライズな企画をご用意していますので、多くのサイクリストの皆さまにお楽しみいただけると思います。

 各部門の入賞者への賞品や記念品等も用意しております。ぜひ、皆様お誘い合わせのうえ、奮ってご参加ください!



開催日時は、2018年11月25日(日)

宮崎市内 (宮崎港周辺)

 お申し込みは、スポーツナビDOさんから 間もなく エントリー開始です。  


Posted by ミヤサイ at 10:50 | Comments(0) | 自転車イベント

 

このページの上へ