第61回全国サイクリング大会に参加してきました。前編

2017年09月28日


だいぶ前の話で、恐縮です。

2017年9月2日~3日の日程で、兵庫県豊岡市の城崎温泉をスタート&ゴールで開催された、第61回全国大会・・兵庫県サイクリング大会主管は、この地域で有名な山陰海岸 コウノトリチャレンジライドhttp://www.geo-ride.com/ と併催でした。

城崎温泉の風情ある街並み









前日受付を澄ませて ゼッケンも準備






九州からは、福岡協会さんと来年全国大会開催地の長崎協会さんが参加されていました。

大会前日の2日は、前夜祭と開会式が駅前広場でありました。

有名な外湯巡りをちょっと楽しんで・・全部で7か所ですが、全部は行ってませんw

夕方から 広場で開会式 地元の方のごあいさつと全国大会参加数に応じた表彰式が、地元の名物が並ぶ歓迎ムードの中行われ、交流を深めました。

記念の記章 61個持ってる人はいるのかな?






開会式の最後では、来年開催地への大会旗の受け渡しが行われ、兵庫県協会 片山氏から JCA西沢代表理事を介して、長崎県協会 副島事務局長へ 無事開催旗が渡り、



副島氏から 来年の大会の開催概要と成功の意気込みが語られました。 



来年 9月23日 ツールドちゃんぽんとの併催の予定です。 http://www.tourdechanpon.com/ 

開会式終了後の 締めは 九州協議会でちょっと。 ツールドちゃんぽん実行委員長も長崎から駆け付け こちらでも交流を深めました。



後編に続く


  
タグ :全国大会


 

第6回 宮崎市自転車シンポジウム(じてパラ!!)【参加無料】 

2017年09月17日

第6回 宮崎市自転車シンポジウムが今年も開催されます。

日時:平成29年10月20日(金曜)18:30~20:30(開場18:00) <参加無料>
場所:宮崎市民プラザ オルブライトホール

詳細や申し込みは以下のサイトより

第6回 宮崎市自転車シンポジウム  

 

第一回 宮崎の自転車乗りの夕べ”へいきませんか?

2017年09月09日

宮崎の自転車乗りの大御所さんから以下のお誘いが来ています。

スペシャルなお方も来られるとか?!

どんな自転車談義が繰り広げられるのでしょうか?楽しみですね。

自転車乗りなら どなたでも どうぞ。

-------------------------------------------------------------------------------

第一回 宮崎の自転車乗りの夕べ”

と題しまして、チームやショップの垣根を越えて、純粋に自転車を愛する仲間として親交や交流を深めていけたらと思っております。

なので今回は主催というのを設けず、各団体とショップさんが各自のHPやSNSでアナウンス&募集していただけたらと思っておりますので、よろしくお願い致します。

(なお、当日は各団体と各ショップの方々もイベントの中でご紹介とご挨拶をしていただく時間を設ける予定です)

日時 9/11(月)

時間 18:00 開場 18:30〜20:30
場所 botte(ボッテ)
https://s.tabelog.com/miyaz…/A4501/A450101/45003888/top_amp/
会費 ¥3.500-(2ドリンク フード込み)  


Posted by ミヤサイ at 22:19 | Comments(0) | 自転車関連イベント

 

サイクルトレイン特区構想

2017年08月19日

赤字路線の集客方法として、サイクルトレインに熱いまなざしが向けられています。

全国サイクルトレイン  

個人的には、水戸岡さんにこれを超えるやつをつくってもらい、九州一円のサイクルイベントに合わせて走らせるとか? ↓

観光列車 アソボーイ(休止)の自転車スペース 

このようにここ数年盛んに行われるようになりましたが、一方で依然として、JR各社の旅客営業規則がサイクルトレイン実現の障害となっており、この課題をクリアすることが重要です。

2013年の日南線サイクルトレイン実験も臨時チャーター列車 



という形で、何とか実現にこじつけましたが、その後の実用化には至っていません。




以下 愛媛県さんの例もありますが、・・・・
全国知事会政策 愛媛県 

 これは、調整に時間がかかりそうです。


ここは、現在自転車活用推進本部も発足し、これから動きを作り出そうとしているようですので、その波に乗って、ここは広域連携を模索し、九州一円のサイクルトレイン特区化で、障害をオーバーライドしていければと思いますので、以下のような意見具申をしていきたいものです。

-------------------------------
サイクルトレインについては、ここ数年盛んに行われるようになりました。地方の赤字路線も観光の目玉として、熱い視線を送っています。これの更なる発展を目指すにあたって、一方で依然として、JR各社の旅客営業規則 (JR東日本の場合 第2章 308条) がサイクルトレイン実現の障害となっており、この課題をクリアしていく方策として、サイクルトレイン特区のような施策を推進していくべきとの意見具申をおこなっていただきたい
--------------------------------------
以上  

Posted by ミヤサイ at 01:43 | Comments(0) | 自転車活用策を考える

 

ジャパンパラサイクリングカップ2017を応援しよう。

2017年08月09日

宮崎県に強化合宿に来られたこともある日本パラサイクリング連盟さんの取り組みにご協力を!

ジャパンパラサイクリングカップ2017を応援しよう。

JXTGエネルギー東京2020パラリンピック応援クリック募金

以下のサイトから 
http://www.noe.jxtg-group.co.jp/csr/jxtg/click-sports/

皆様のご協力をおねがいいたします。  

Posted by ミヤサイ at 09:17 | Comments(0)

 

第52回 九州ブロックサイクリング大会のご案内です。

2017年08月09日

第52回 九州ブロックサイクリング大会のご案内です。






残暑お見舞い申し上げます。


第52回 九州ブロックサイクリング大会のご案内です。

サイクリング協会会員以外のお申込みも可です。

はがくれの里さが2017

2017年9月23日(土)~24日(日)

以下 佐賀県サイクリング協会さんのサイトへどうぞ。

http://cs-tsukasa.com/cyclingassociation.php

  

 

日本のひなた宮崎県のサイクリングルートを研究します。

2017年08月02日

このたび、協会内外の方々とコラボしての取り組みを始めます。

題して・・・

日本のひなた宮崎県のサイクリングルートを研究します。

サイクリングには楽しいルートばかり、気候も温暖で一年中楽しめる宮崎県。

 走ってみたいコースはたくさんあります。

 自転車で行ってみたいところを点(ポイント)とすれば、そこへ行くための道路は線(ルート)です

私達が実際に走ってみて、おすすめだと思った点(景勝地、ランチ、スイーツ、史跡、パワースポットetc.)をお好みの線(坂が少ない、交通量が少ない、開放的、木陰が多いetc.)で結んだ推奨ルートを策定するために走り回った記録を残していきたいと思います。

詳細は、こちらのブログから  

 

「サイクリングヤマト便」のサービス内容の変更に関するお知らせ

2017年06月06日

本会が業務提携している日本サイクリング協会からのお知らせを再掲します。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

「サイクリングヤマト便」のサービス内容の変更に関するお知らせ
平成29年6月2日
JCA会員の皆さま
公益財団法人日本サイクリング協会
事務局長 小林 博

 既に、いくつかお問い合わせを頂いていましたが「サイクリングヤマト便」のサービス内容の変更に関し、この度正式な回答を得ましたので、お知らせいたします。

 今回、ご案内のとおりヤマト運輸では、態勢改善のため様々な配送サービスの見直しが行われました。
 それに伴いサイクリングヤマト便のベースとなるヤマト便の内容変更が発表され、縦横高さの合計値が200cm以下になったことが、皆さまがご心配されていると認識しています。

 大きさの制限は、あくまでも、ヤマト運輸の配送の効率化を目指すもので、その結果、配送料の大幅値上げを避けることが期待できるため、一般的な利用者側としては好ましい制限となります。

 しかし、JCAは、この大きさ制限が、サイクリストである会員の皆さまに多大な影響を及ぼすことを懸念し、自転車配送に関する制限の緩和を要望し、交渉を重ねてまいりました。

交渉の主眼は、以下の2点の解決に絞りました。

1)このサイズに収まる輪行バッグ(袋)が、極めて少ないので、対応が難しいことの解決

2)今回の改定には、輪行袋(バッグ)の材質・形状に対する記述が曖昧なことの解決
  交渉の過程で、ヤマト運輸と当方の間には、自転車に関する詳細な情報と理解の共有が足りないことが認識されましたが、併せて、この6月19日までに、全ての課題を解消することが困難であることも認識致しました。

  そこで、解決を2段階に分け、まずは、この6月19日を1段階目として、現実的な回答を得ることとし、以下の合意を得ました。

1)縦横高さの合計値を203cmまでとすること
 このサイズは、航空便への預け入れサイズの上限ともなっており、市販のケースも散見できますので、サイクリングヤマト便の利用以外の飛行機を利用した配送にも対応できるようになりました。

2)203cm以内であれば、ハードケース、段ボールケース、プラスティックケースも可とし、尚且つ、輪行バッグ(袋)に関する多少の制限緩和を了解すること

 上記の条件のケースは既に市販されておりますので、材質・形状に関しては、双方了解となりました。 さらに、輪行バッグ(袋)は、サイズの計測が難しいため、ソフトタイプであって、自転車の前後輪を外し収納するタイプであるならば、203cmを多少超えても、サイクリングヤマト便配送にて受け入れてもらえるということにもなりました。

 ※改定に関する情報:http://j-cycling.org/cyclingyamato_new_rule.pdf

 しかし、この内容では、高額化・精密化する自転車の配送リスクに対応するには心許ないため、2段階目の合意へ向けて、以下の解決を図りたいと考えております。

1)3辺合計203cmを超える自転車ケースでの配送の対応

2)その他、サイクリストの皆様のご希望に沿ったサイクリングヤマト便改善策への対応

これらの課題解決に向けて、ヤマト運輸との間で、自転車配送検討チーム(仮称)を開設し、引き続き課題解決に当たる所存です。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

詳細はこちらへ  


Posted by ミヤサイ at 13:26 | Comments(0) | お知らせ

 

宮崎県サイクリング協会年次総会を開催

2017年05月31日

昨日、宮崎県サイクリング協会年次総会を開催しました。

自転車活用への追い風ムードの中、どういう立ち位置とスタンスでこの機に臨むか⁉︎

過去に学び、現状を見極め、未来を見据えながら、自転車を楽しむ・・。







サイクリストの矜持と誇りを大切にしながら。(^_^*)  
タグ :総会2017


Posted by ミヤサイ at 16:02 | Comments(0) | お知らせ

 

第5回スカイライド宮崎in日南海岸恋人ロード 終了いたしました。後篇

2017年04月26日

スカイライド 後篇

前編はこちら

心配された雨も奇跡的に降らず、参加者さんたちは幸島方面へ。



 残念ながら、今朝の雷雨の影響で、当初予定のAコース(都井岬コース)Bコース(幸島コース)は、コース変更となり、各々 舳港経由幸島折り返し(Aコース) 串間市市木の舳港折り返し(Bコース) となりました。
南郷町内では、地元の方々の暖かいお出迎えをいただきました。人情細やかな地域の方々です。



 さて、一行さまは、雨上がりならではの風情の美しい景観の中をすすみます。



そして、エイドステーションの道の駅 なんごうさん http://www.michinoeki-nango.jp/ へ。
ここでは、かまぼこが並びます。海沿いの町ならではのおもてなしです。



さほどの距離を走ったわけではありませんが、食欲旺盛なサイクリストさんたちには、関係なし。笑

Bコースの方々は、ここからスタート地点に戻ります。 Aコースの方々は、ちょっとした激坂を越えて、市木方面へ。

坂道を下って、旧幸島ドライブイン前に到着。

ここでも、エイドが待ち受けています。シュークリーム とぜんざいのふるまいです。
サイクリストさんたちは、甘いものにも目がありません。大好評でした。



Aコースの方々は、ここからスタート地点に戻ります。

ゴール地点では、参加者さんへの昼食がふるまわれています。




最初にもどってきたBコースのみなさんには、南郷名物と言えば、「かつお」ですねl ご当地秘伝の醤油だれに漬けられたカツオを使った「かつおめし」と魚うどんです。魚好きの方にはたまらない組み合わせ。お仲間やご家族の輪が岸壁に開きます。

 やや時間をおいて、戻ってこられた Aコースのみなさんにふるまわれたのは、くしままちづくり協議会さん渾身の自信作・・豚トンいも丼です。串間名産の甘藷(さつまいも)のイモご飯に、ホルモン焼き トン汁がついた豪華版 県南の新しいグルメとして、このイベントでデビュー戦を飾りました。今後の展開が期待されますね。






食事の後は、アンケートにお答えいただき、完走証とタオルをお持ち帰りいただきました。
そして、みなさんはゲートを背景に、記念撮影タイムです。

 こうして、第5回スカイライド宮崎in日南海岸恋人ロードは、好評のうちに終了いたしました。
さまざまな団体が集まる中、調整等に苦労はありましたが、地元さんのご協力や実行委員さまが、頑張ってきたことが大きな身を結んだかと思います。



 今後もこの県南の地において、サイクルツーリズムの花が開いていくことを確信した次第です。
 実行委員メンバーとしてご活躍いただいた、串間市サイクリング協会さま 日南市サイクリング協会さま くしままちづくり協議会さま 南郷GOGO会さま 地元南郷町のみなさま その他 ご協力いただいた諸団体各位へ 厚く御礼を申し上げ、イベント開催終了のご報告とさせていただきます。ありがとうございました。

2017年4月25日
スカイライド宮崎in日南海岸恋人ロード実行委員会事務局











  


 

このページの上へ